もりはら皮ふ科クリニック
06-6339-4112
無料駐車場完備
吹田市岸部北2-1-26
千里ガーデンクリニックビル2F
リアルタイム診察状況良くある質問 皮ふ病について 診療案内 アクセス 院内ギャラリー 院長室 ホーム
当院のご案内 クリニック待合いもりはら皮ふ科クリニック

【診療科目】
 皮ふ科・アレルギー科

【住 所】 無料Pあり
 吹田市岸部北2-1-26
 千里ガーデンクリニックビル2F
  アクセスはこちら
  診療案内印刷はこちら

【電 話】
 06-6339-4112

【受付診療時間】
 月、火、水、金、土曜日
   9:30-12:30
 月、火、水、金曜日
   16:00-18:40


ホーム診療案内>当院の治療方針
(当院の治療に対する考え方を簡単にご説明します。)

当院の治療方針

日本皮膚科学会専門医、日本東洋医学会専門医として、西洋医学と東洋医学をバランス良く取り入れた医療を目指しています。

1)西洋医学的なガイドラインに沿った標準治療

医学の世界にも、ガイドラインという概念が浸透してきました。 ガイドラインとは、「こういう病気の人には、こういう風に治療するのが良いですよ~」ということが示されている指針のことです。多くは日本皮膚科学会が作成を手がけており、これに沿って治療を行うことが日本の皮膚科の標準的な治療といえそうです。
ガイドラインに示された治療は、主に塗り薬や飲み薬による治療が主で、当院のような小規模のクリニックでも十分行うことが可能です。実際に、ガイドラインに沿った治療を行うことで、ほとんどの皮ふ病がうまくコントロールできるようになっています。

インターネットやTVなどで様々な情報が簡単に手にはいるようになり、治療方針を迷われる方も多いでしょうが、まずは標準的な治療をきっちり行うことをお勧めします。

2)漢方医学的な治療

ガイドラインに沿った標準的な治療を行っても、良くならない場合が残念ながらあります。過度の期待は禁物ですが、こういう時に漢方をうまく組み合わせることで病気を良くできる場合があります。
漢方医学的な診察は、舌を診る(舌診)、脈を診る(脈診)、腹部を診る(腹診)によって行います。皮ふ科ではあまり行わない診察方法なので、驚かれるかもしれません。
当院ではエキス剤を中心に、煎じ薬による漢方薬も処方しています。いずれも保険が使えます。煎じ薬に対応できる薬局は非常に少ないですが、当院下階のプラザ薬局は対応可能です。