もりはら皮ふ科クリニック
06-6339-4112
駐車場完備
吹田市岸部北2-1-26
千里ガーデンクリニックビル2F
リアルタイム診察状況良くある質問 皮ふ病について 診療案内 アクセス 院内ギャラリー 院長室 ホーム
当院のご案内 第三診察室もりはら皮ふ科クリニック

【診療科目】
皮ふ科・アレルギー科

【住 所】 Pあり
吹田市岸部北2-1-26
千里ガーデンクリニックビル2F
アクセスはこちら

【電 話】
06-6339-4112

【受付診療時間】
月、火、水、金、土曜日
9:30-12:30
月、火、水、金曜日
16:00-18:40


ホーム診療案内皮ふ病について>帯状疱疹(ヘルペス)

皮ふ病について

良くある皮ふ病について簡単にまとめました。
皮ふ病には個人差があり、全ての人に当てはまらない場合があります。皮膚の症状を診ないことには正確な判断ができませんので、これらの病気に対するご質問はお電話などではお答えできません。必ず受診の上ご相談ください。


帯状疱疹(ヘルペス)
→当院の記事がすいた市報に掲載されました。(PDFファイルで開きます)


 帯状疱疹ってどんな病気?
 
水痘・帯状疱疹ウイルスにより起こってくる病気です。身体の右あるいは左半分にしか起こらず、帯状に水ぶくれが出てくることが多いため、この名前が付いています。ぴりぴりとした神経痛をともうなうことが多いです。原因となるウイルスがヘルペス属に分類されているのでヘルペスと呼ばれることもあります。ちなみに口唇に水ぶくれができる口唇ヘルペスも、別のヘルペス属のウイルスが関係しています。

 帯状疱疹の原因は?

身体の免疫力が低下することで発症します。水ぼうそうはこの水痘・帯状疱疹ウイルスにより発症しますが、ウイルスは水ぼうそうが治った後も神経の中でずっと隠れて生き続けています。そこで、風邪を引いたり仕事で無理をしたりして、免疫による抑制が効かなくなると、隠れていたウイルスが神経の中で暴れ出してきてしまいます。これが帯状疱疹です。ピリピリした神経痛は、ウイルスが神経の中で暴れるために起こります。

 帯状疱疹で気をつけることは?

帯状疱疹として他人に感染することはありませんが、乳幼児など水ぼうそうにかかったことのない人には水ぼうそうとして感染することがあります。ウイルスは水ぶくれの中に潜んでいます。感染リスクを上げないためにも水ぶくれをつぶさないようにしましょう。

 帯状疱疹の治療は?
 
ウイルスを殺す抗ウイルス剤を使います。腎臓に負担をかけるお薬ですので、採血を行って腎臓の機能を確認してからお薬の量を決めることもあります。治療が効いてくるにつれ、水ぶくれは徐々にかさぶたに変わっていきます。痛みがある時は痛み止めを併用します。免疫力が低下した状態の時に発症する病気なので、しっかり休息を取りましょう。顔面に症状が出た場合は、眼科や耳鼻科と協力して治療に当たることもあります。いずれにしても、後で述べる帯状疱疹後神経痛にならないために、できるだけ早く適切に治療することが大切です。

 入浴は良いの?
 湯船につかり身体を温めることで痛みが軽くなることが多いようです。長風呂は体力を消耗するので控えて下さい。水ぶくれをつぶさないようにすれば石けんで身体を洗うことは問題ないと考えます。

 帯状疱疹後神経痛って?
 通常、帯状疱疹は3週間程度で治癒します。しかしまれにウイルスがいなくなっても神経痛が持続する場合があります。これを帯状疱疹後神経痛とよびます。ウイルスによって傷を受けた神経が治りきらないことで起こる状態です。ビタミン剤や痛み止め、漢方など様々なお薬を使いますが、なかなか痛みが取れないこともあります。ウイルスによる神経へのダメージを最小限にするためにも、帯状疱疹を疑ったら出来るだけ早く皮膚科を受診しましょう。

戻る