もりはら皮ふ科クリニック
06-6339-4112
駐車場完備
吹田市岸部北2-1-26
千里ガーデンクリニックビル2F
リアルタイム診察状況良くある質問 皮ふ病について 診療案内 アクセス 院内ギャラリー 院長室 ホーム
当院のご案内 プレイルームもりはら皮ふ科クリニック

【診療科目】
皮ふ科・アレルギー科

【住 所】 Pあり
吹田市岸部北2-1-26
千里ガーデンクリニックビル2F
アクセスはこちら

【電 話】
06-6339-4112

【受付診療時間】
月、火、水、金、土曜日
9:30-12:30
月、火、水、金曜日
16:00-18:40


ホーム診療案内皮ふ病について>フケ症、脂漏性皮膚炎

皮ふ病について

良くある皮ふ病について簡単にまとめました。
皮ふ病には個人差があり、全ての人に当てはまらない場合があります。皮膚の症状を診ないことには正確な判断ができませんので、これらの病気に対するご質問はお電話などではお答えできません。必ず受診の上ご相談ください。


フケ症、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)


 脂漏性皮膚炎ってどんな病気?
 
フケ状の粉を伴う湿疹で、顔面や頭部に良く出来ます。特に眉間や小鼻など脂(あぶら)が多く分泌される場所に好発します。頭部では髪の生え際に多くみられるようです。いわゆるフケ症とはこの疾患であることが多いですが、尋常性乾癬という似た病気もあるため注意が必要です。

 脂漏性皮膚炎の原因は?

皮膚は皮脂腺という場所から脂を分泌して乾燥から肌を守っています。食事やストレス、加齢などの影響で、分泌される脂の量が多くなりすぎてしまうと、その脂に対してかぶれを起こしてしまいます。これが脂漏性皮膚炎の原因です。また近年、脂をエサにするマラセチア菌というカビが原因になることも明らかにされています。

 脂漏性皮膚炎で気をつけることは?

油っぽい食事は控える方が良いでしょう。できる限り規則正しい生活を送ることも大切です。原因菌であるマラセチア菌に効く成分の含まれるシャンプー(コラージュフルフルなど)、を使用するのも有効で、これだけで良くなる人もいます。肌が乾燥しすぎているのも脂漏性皮膚炎には好ましくありません。

 脂漏性皮膚炎の治療は?
 
湿疹反応を抑えるステロイド外用剤や、原因菌であるマラセチアを抑える抗真菌剤の外用を行います。皮脂の分泌を抑えるビタミンB群の内服や、かゆみを抑える目的で抗アレルギー剤を使うこともあります。漢方薬も時に有効です。様々な要因で起こってくる疾患であるため、粘り強い治療が必要になることもあります。

戻る