もりはら皮ふ科クリニック
06-6339-4112
駐車場完備
吹田市岸部北2-1-26
千里ガーデンクリニックビル2F
リアルタイム診察状況良くある質問 皮ふ病について 診療案内 アクセス 院内ギャラリー 院長室 ホーム
当院のご案内 もりはら皮ふ科クリニック

【診療科目】
皮ふ科・アレルギー科

【住 所】 Pあり
吹田市岸部北2-1-26
千里ガーデンクリニックビル2F
アクセスはこちら

【電 話】
06-6339-4112

【受付診療時間】
月、火、水、金、土曜日
9:30-12:30
月、火、水、金曜日
16:00-18:40


ホーム診療案内皮ふ病について>凍瘡(しもやけ)

皮ふ病について

良くある皮ふ病について簡単にまとめました。
皮ふ病には個人差があり、全ての人に当てはまらない場合があります。皮膚の症状を診ないことには正確な判断ができませんので、これらの病気に対するご質問はお電話などではお答えできません。必ず受診の上ご相談ください。


凍瘡(しもやけ)

 凍瘡ってどんな病気?しもやけ 凍瘡
 
冬の寒い時期に、足先や指先、耳などにかゆみや痛みを伴う赤みが出てくる疾患です。時に紫色になり、ひどい場合は水ぶくれになったり、血豆になったりします。子供に多い病気ですが、成人でもみられ、男性より女性の方が多い印象があります。暖めると良くなりますが、急に暖めるとかえって症状がひどくなることが多いです。
 とういうわけか 『しもやけ』というと古い時代の病気で、暖房が発達した現代にはめずらしい疾患と思われがちです。医師が「これはしもやけですね」と診断すると、患者さんに驚かれることがよくありますが、実は今なお非常に日常的な病気の一つです。

 凍瘡の原因は?

寒さによる血行障害が原因です。冷気刺激により血管は収縮しますが、指先などの末端では元々血管が細いため、寒さで血管が収縮してしまうと血液の流れが悪くなってしまいます。子供や女性は血管が細いため、しもやけになりやすいのもこの理由からです。最近では遺伝的な要因や基礎疾患にも注目されています。
 しもやけのかゆみや痛みは、寒さが和らいで血流が回復しはじめるときに起こることが多く、寒さそのものより急に温かくなるといった温度差の方が症状を引き起こすようです。

 凍瘡にならないためには?

手袋や靴下はもちろん、寒い日には耳当てや帽子などの防寒対策を外出時に必ずやることです。冷えた部分を急激に温めるのも良くありません。
 冬という気候が原因である以上、ある程度の効果しか期待できないようです。普段から患部をマッサージするのは一定の予防にはなるようですが、これも絶対の効果ではないようです。

 凍瘡の治療はどういったものがありますか?

ビタミンEやヘパリン類似物質の外用を良く用います。入浴後など血管が広がっているときに患部をマッサージしながら塗布すると良いようです。痛みが強く直接患部に塗れない時は、その周辺の皮膚に塗り込んでもかまいません。症状が長引きそうな場合は、ビタミンEや漢方薬の内服もよく用いられます。

 凍瘡で気を付けて欲しいことは?
 
膠原病、とくに全身性エリテマトーデスという全身の病気が隠れていることがあります。寒さが和らいでも、しもやけが続く場合は必ず医師に伝えてください。夏にしもやけができる方は特に要注意かと思います。
 血液検査で簡単にこの病気の有無を調べることができます。当院でももちろん可能です。

戻る