もりはら皮ふ科クリニック
06-6339-4112
駐車場完備
吹田市岸部北2-1-26
千里ガーデンクリニックビル2F
リアルタイム診察状況良くある質問 皮ふ病について 診療案内 アクセス 院内ギャラリー 院長室 ホーム
当院のご案内 院内の様子もりはら皮ふ科クリニック

【診療科目】
皮ふ科・アレルギー科

【住 所】 Pあり
吹田市岸部北2-1-26
千里ガーデンクリニックビル2F
アクセスはこちら

【電 話】
06-6339-4112

【受付診療時間】
月、火、水、金、土曜日
9:30-12:30
月、火、水、金曜日
16:00-19:00


ホーム診療案内皮ふ病について>巻き爪 爪の切り方

皮ふ病について

良くある皮ふ病について簡単にまとめました。
皮ふ病には個人差があり、全ての人に当てはまらない場合があります。皮膚の症状を診ないことには正確な判断ができませんので、これらの病気に対するご質問はお電話などではお答えできません。必ず受診の上ご相談ください。


巻き爪 ~爪の切り方について~

 巻き爪ってどんな病気?
 
爪が巻いてしまう状態を言います。主に足の親指に見られます。爪が皮膚に食い込んでしまって痛みが出たり、食い込んだ傷から細菌が入って化膿したりして、歩行が困難になる場合もあります。

 巻き爪の原因は?

深く爪を切り込んだり(深爪)や、爪の角を落としたりすると巻き爪になります。その理由には諸説ありますが、こういった爪の切り方をすると、爪が小さくなるので爪と皮膚が接触する面積が増えます。爪にはどんどん前に伸びようとする性質がありますが、爪が皮膚に当たっていると、それが邪魔で前に伸びれなくなってしまいます。伸びれなくなった爪は、やむなく横に広がってしまい、巻き爪に至ると考えられています。

他にも、ヒールなど先のとがった靴を頻回に履く、爪の水虫なども原因となりえます。

 正しい爪の切り方は?
 
重要なことは、爪が前に伸びるのを邪魔しないような切り方をすることです。具体的には、爪と皮膚の高さが一緒くらいで、まっすぐ横に切ることをお勧めしています。爪を丸く切ったり、角を落としたり、爪より指が出てしまうほど切り込む深爪をしてはいけません。爪が前に伸びれなくなり、巻き爪のリスクが高まるからです。

 巻き爪の治療は?
 
巻き爪だからといって常に自覚症状があるわけではなく、無症状の場合も良くあります。その場合は爪の切り方をお話しし、様子をみることが多いです。痛みや腫れがあれば、細菌を殺す抗生物質の内服や外用を行います。それでも治らない場合や、爪自体が食い込んで痛みがある場合、細菌感染を繰り返す場合は、根本的に巻いた爪自体を治す治療が必要となってきます。最終的には手術を行います。手術には健康保険が適応されます。痛みは手術後もあまり出ませんし、もちろんその日から歩行も可能です。入浴も手術翌日からならば問題ありません。なお当院ではワイヤーを用いた治療は行っておりません。

戻る