もりはら皮ふ科クリニック
06-6339-4112
駐車場完備
吹田市岸部北2-1-26
千里ガーデンクリニックビル2F
リアルタイム診察状況良くある質問 皮ふ病について 診療案内 アクセス 院内ギャラリー 院長室 ホーム
当院のご案内 クリニック玄関もりはら皮ふ科クリニック

【診療科目】
皮ふ科・アレルギー科

【住 所】 Pあり
吹田市岸部北2-1-26
千里ガーデンクリニックビル2F
アクセスはこちら

【電 話】
06-6339-4112

【受付診療時間】
月、火、水、金、土曜日
9:30-12:30
月、火、水、金曜日
16:00-18:40

皮ふ病について

良くある皮ふ病について簡単にまとめました。
皮ふ病には個人差があり、全ての人に当てはまらない場合があります。皮膚の症状を診ないことには正確な判断ができませんので、これらの病気に対するご質問はお電話などではお答えできません。必ず受診の上ご相談ください。


じんましん


 じんましんってどんな病気?
 
アレルギーが原因で起こってくる病気です。蚊に咬まれたような発疹として現れ、通常は1日以上続くことはありません。掻いたところが盛り上がってくるミミズ腫れも、じんましんの一つです。かゆみがとても強いです。

 じんましんの原因は?

アレルギー的な要因がもっとも挙げられます。原因としては、小児では卵やミルクなどの食物、成人ではホコリやダニ、花粉などの環境因子が挙げられます。血液検査などである程度の原因を見つけることが可能です。
 温度差で誘発されることも多く、お風呂上がりや運動後にじんましんが出てくることがあります。また機械的刺激も原因となり、下着やベルトで締め付けている場所に限局して出てくることも多いです。精神的要因にも関連が深く、家に帰ってきた直後など、緊張状態から解放されリラックスした時に、じんましんが出てくるケースが多いようです。

 じんましんで気をつけることは?

原因が特定できれば、その原因を避けることが重要です。特に乳幼児では食物アレルギーによるじんましんが多いため、原因となる食物を与えないことが大切です。ただし過度の除去食は、親の負担を増やすばかりか、子供の発育を障害する可能性もあります。医師にご相談ください。

 じんましんの治療は?
 
抗アレルギー剤が治療の軸になります。アトピー性皮膚炎などとは異なり、じんましんには外用薬はほとんど効果がありません。様々な抗アレルギー剤がありますが、効果の大小、眠気の有無など、個人により相当違いがあります。処方された薬で満足した効果が得られない場合は遠慮無く医師にお伝えください。体に合うお薬を見つけることがまず重要で、それで治療を続けていくことが大切です。入浴後など決まった時にじんましんが出る場合は、その前にお薬を飲むなどタイミングを工夫することで上手くコントロールできることがあります。
 漢方薬も有効な場合も多いです。風邪によく使う葛根湯(カッコントウ)は、実はじんましんにも効果があります。もちろん他の漢方薬を使って治す場合も多くあります。
 じんましんが出たときのみ、お薬を飲む方がおられますが、それではなかなか完治できない印象があります。じんましんが出ないように普段から定期的にお薬を飲むことが重要です。

戻る