もりはら皮ふ科クリニック
06-6339-4112
駐車場完備
吹田市岸部北2-1-26
千里ガーデンクリニックビル2F
リアルタイム診察状況良くある質問 皮ふ病について 診療案内 アクセス 院内ギャラリー 院長室 ホーム
当院のご案内 プレイルームもりはら皮ふ科クリニック

【診療科目】
皮ふ科・アレルギー科

【住 所】 Pあり
吹田市岸部北2-1-26
千里ガーデンクリニックビル2F
アクセスはこちら

【電 話】
06-6339-4112

【受付診療時間】
月、火、水、金、土曜日
9:30-12:30
月、火、水、金曜日
16:00-18:40

皮ふ病について

良くある皮ふ病について簡単にまとめました。
皮ふ病には個人差があり、全ての人に当てはまらない場合があります。皮膚の症状を診ないことには正確な判断ができませんので、これらの病気に対するご質問はお電話などではお答えできません。必ず受診の上ご相談ください。


癜風(でんぷう)


 癜風ってどんな病気?
 
難しい漢字ですね。あまり聞き慣れない病気の名前かと思いますが、じめじめした夏、汗かきの人に多く見られます。体幹に赤く丸い発疹があり、徐々に広がってくることが多いです。発疹をこするとフケのような粉が出てきます。かゆみはあっても軽度です。

 癜風の原因は?

マラセチアというカビが皮膚に異常繁殖することで起こります。湿度が高い夏や、汗かきの人に多くおこるのも納得できるかと思います。発疹をこすって得られる皮膚の粉を顕微鏡でみて、マラセチアが確認できれば診断が確定します。
なお、マラセチアは脂漏性皮膚炎という病気を引き起こすことが知られています。

 癜風で気をつけることは?

肌が湿っているとマラセチアが繁殖しやすくなるので、汗の始末をしっかりすることです。汗をかいたらできるだけ早く乾いたシャツに着替えることが大事です。可能であればシャワーで汗を流してしまうのも良いでしょう。
 マラセチアは常在菌といって誰の皮膚にも存在している菌です。他人への感染はあまり気にしなくても良いようです。

 癜風の治療は?
 
カビを抑える抗真菌剤の外用が有効です。また抗真菌剤が入ったボディソープ(コラージュフルフル)も一定の効果が期待できます。外用のみでコントロールができない場合は、抗真菌剤の内服を併用することもあります。

戻る